ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< tent-Mark DESIGNS ムササビウイング13ft.TC “焚き火”version | main | 笑's テーブル 焚き火調理台450re/SHO-0014re >>
2020.06.28 Sunday

E.Thomas & Williams Cambrian Miners Lamp

 

 

E.Thomas & Williams Cambrian Miners Lamp

 

 

 

E. Thomas & Williams Limited


19世紀末よりオイルランプを専門に作り続けているイギリス老舗のランプ工房。

E Thomas & Williams Ltd.過酷で危険な炭鉱内で働く男達の命を支えてきた頑丈なランプ。

イギリスでランプ工房は2〜3社と言われているが、レプリカでない商品を作り続けている老舗はE.Thomas社の右に出る物はありません。

 


 

 19世紀末よりオイルランプを専門に作り続けているイギリス老舗のランプ工房 E.Thomas&Willams社は1860年以来、オイルランプ専門に作り続ける英国ウェールズ地方の伝統的ランプメーカーです。

 過酷で危険な炭鉱内で働く男達の命を支えてきた丈夫なランプをはじめ大航海時代に使われていた船舶ランプや海軍ランプを今なお作り続けています。

 その伝統的な品質の良さはさまざまな分野で認められています。

 現在では贈答品としての需要がほとんどで、イギリスを代表する贈答品としてエリザベス皇后やチャールズ皇太子といった方々などの皇室へも献上されています。

 高級感のある、ずっしりとした重みと、真鍮独特の質感です、特にタンク部分は真鍮材の削り出し材を贅沢に使用しております。

 使えば使うほど落ち着いた色調に変化してゆきます。

 また防風性のも高く屋外で安心してお使い頂けます。

 芯は12mm幅(4分芯)で使いやすく適度に明るいランプとなっております。

 燃料は灯油またはパラフィン系オイル(リキッドキャンドル、レインボーオイル)をご使用ください。

 ホヤ付近より上部が高温になりますのでご使用中は、素手でホヤ付近より上部に触れないで下さい、操作はホヤ下部のタンク部分を持って操作して下さい。

 

  • 英国製 本体:真鍮磨き仕上げ
  • 燃焼時間=約10時間程度、使用条件により大幅に燃焼時間が変わります。
  • ●アウトドアでの使用に向いているため屋外のみならず、ヨットランプとして、小型の船舶などでも使われてきました。
  • ●また平芯12mm(4分芯)を使用しておりますので、フュアーハンドランタン程度の明るさがあり、独自の芯調整機構により簡単に炎の調整ができます。

 


 

Angelo Pazzo Review

 

40年以上前に実店舗で、どっしり重量感あるこの真鍮オイルランプを手に持った次の瞬間、財布を握りしめレジに向かって歩き始めていたのがつい昨日のように。
高い・重い・臭い・面倒くさい・・・が、ソリッドブラスの E.Thomas & Williamsマイナーランプじゃなければ嫌だ。
ペトロマックスHL1ストームランタン 12322・HK500 brass や Optimus 1200Mと言ったケロシンランタンも所有しているが、やはり私には E.Thomas & Williamsマイナーランプがダントツナンバーワン。
念のため替え芯。グローブや石綿製のガスケット等予備のパーツはストックしているが、大切に使用している事が大前提だが、40年以上毎年実用使用しても消耗品の替え芯すら、ましてや他のリペアパーツすら交換した事がないくらいのノーメンテナンス。
燃料は、STAR(スター) スターパラフィンオイル (高純度石油系燃料)のプレーンを使用。

 

2020年6月6日にアマゾンでレビュー済み

 

参考動画・参考記事

 

glass-youtube.png                 

 

Back to Discerning Stove_Lighting_Fuel bottle

    


 

ブログランキング・にほんブログ村へ            

 

JUGEMテーマ:アウトドア用品

Powered by
30days Album